titleなんとか分析環境が「整いました!」ので分析。

私の分析はボタンを押してからの遅延測定ではなくXBOX360とPS3の差を分析しています。
簡単に説明するとPS3/XBOX360をキャプチャーしながらボタン操作してその差を見比べるというものです。

2つのコントローラーをいかに同時に押すかでかなり試行錯誤しました。
直前までボタンとボタンの間に橋を渡して操作するという方法でいく予定でした。
しかし、コントローラーの構造が違うので遊び部分も違うはず、どこから反応するかの違いがありそうで却下。
同じジョイスティックを買うという方法も考えましたがこのために購入する気もなく却下。
最終的にコントローラーからボタンの配線を取り出しスイッチを付けました。
リード線の長さはきちんと同じにしてあります。
controller1controller2
取り出したボタンはXBOX360のBボタン、PS3は○ボタンです。

次にキャプチャー環境ですが新規にHDCAPPCIEを購入しました。
同時にキャプチャーできるソフトが見つけられなかったのでGrapheditを使用しこんなグラフを作成。
graph

キャプチャー時は操作が必要なのでこんな画面でやってます。
キャプチャー先ドライブはRAIDとRAMディスク。
cap_screen

キャプチャー時の動作はこんな感じです(スイッチ付ける前)
見え難いですが中央下でリード線を接触させてます。


ここまでは問題ないのですが、やはりキャプチャー環境が違うため多少のズレが発生することがあります。
さすがにIntensity ProとGameSwitchをもう1セット購入する気にはなれないですからね。
そこで、このズレを調べるため下図左の構成でそれぞれの出力を同時キャプチャーして調べてみました。
右は実際のキャプチャー時の構成で、セレクターがないので毎回ケーブルの差し替えが必要で面倒でした。
setup
双方何回か確認した結果、フレーム欠落がない状態で、2つのキャプチャー動画のフレーム数の差でズレを確認できました。
・フレーム差が6の場合はズレなし。
・フレーム差が7の場合はズレがある場合とない場合がある。
・フレーム差が8の場合は1フレームのズレがある。

これを踏まえた上でキャプチャーした動画の同期をとって分析動画を作成しました。
動画の左がIntensity、右がHDCAPPCIEでキャプチャーした映像です。
PS3/XBOX360をそれぞれのキャプチャー機器で10回、合計20回計測しています。
ゲーム機名の下に出ている数字が遅延フレーム数です。
例えば、PS3側が1フレーム遅延している場合は「1」と表示されXBOX360側は「0」と表示されます。
確認ポイントに先に到達した方に赤枠が表示されます。
遅れている方が同一ポイントに到達すると黄色枠が表示されます。

ネットでいろいろ騒がれているスーパーストリートファイター4で分析。

この分析でPS3はXBOX360より平均で1.7フレーム遅延があるという結果が出ました。

同じ60fps格闘ゲームということで鉄拳6(1回比較がされていないポイントがありますがお許しください)

ほとんど差はないですがXBOX360はPS3より平均0.3フレーム遅延がありました。
巷ではPS3のソフトはすべて入力遅延があるように言われていますがどうも違うようです。

※BGMはSAM Free Musicのものを使用しています。